ENTRY
ENTRY
キャリア採用ページ
JP EN
メディカル・アフェアーズ

INTRODUCTION OF
THE MEDICAL AFFAIRS
DEPARTMENT

仕事の内容

メディカルサイエンスリエゾン(MSL)は、担当する疾患領域における最新の医科学知識に基づき、社外の研究者および医学専門家と医学的・科学的な情報交換を行い、得られた情報を基に医療の質の向上と患者利益の最大化に寄与する活動をしています。製品の販売活動を担当する部門とは一線を画しており、アステラスではメディカルアフェアーズ(MA)本部のMSL部に所属し、メディカル戦略上で重要な以下の11領域を担当しています。
循環器、糖尿病、腎、泌尿器(排尿障害)、骨代謝、リウマチ・自己免疫、感染症、消化器、血液がん、泌尿器がん、胃がん

仕事の内容

MSLの所属するMA本部は、発売後の医薬品の調査・試験の企画・推進、臨床研究の支援等を実施し、科学的に裏付けられた安全性・有効性に関する確かな情報を的確に医師や患者さんへ提供します。
治験で得られた製品の情報は限られているため、実際の臨床現場ではまだ足りない医学的・科学的な情報を積み重ねて多くの患者さんに安全に使用できる薬剤に育てていきます。
MA本部は「メディカルサイエンス部」「メディカルサイエンスリエゾン部」「メディカルコミュニケーション部」「メディカル推進部」という4つの部門から組織され、それぞれの機能・役割に従って海外開発拠点(米国、欧州、アジアなど)と連携しグローバルに業務を進めています。

メディカルサイエンスリエゾン部

MSLは、担当する疾患領域のエキスパートとして社外の医科学専門家と良好な信頼関係を築きます。最新の医学的・科学的な知識に基づいて情報交換を実施し、臨床現場のアンメットメディカルニーズやクリニカルクエスチョンを顕在化し、その情報を集約・分析して育薬を推進するメディカル戦略の高質化・実行に繋げます。得られた情報は、社内においては研究本部、開発本部等にも共有し、各部門の戦略立案に貢献し、外部においてはシンポジウム等の企画・立案を通して疾患・診断・治療等の啓発に貢献します。

その他の部門のご紹介

・メディカルサイエンス部
グローバルにおけるメディカル戦略立案への参画・貢献と、国内におけるメディカル戦略〔市販後の試験・調査/基礎・臨床研究/公表計画・医療経済評価に係わる研究など〕の企画・立案、実行等を行います。治験・市販後の調査/試験の論文投稿、学会発表も行っています。

・メディカルコミュニケーション部
アステラス製品の有効性・安全性・品質についての社内外問い合わせ対応を行います。医師や患者さんの問い合わせの情報は集約され、メディカル・ニーズの把握とそれに関連する科学的情報及びインサイトとなり、社内に情報提供しています。

・メディカル推進部
メディカル活動を支える戦略・プロセス・ガバナンス構築・管理・運営業務を行っています。また、市販後調査、非介入試験、共同研究、データベース研究等の様々なスタイルの試験実施も行っています。

募集要項はこちら