アステラス製薬

アステラス製薬
採用サイト

01 Project Story

「ひとつ上のMR」を目指して

製薬業界を取り巻く環境はいま、急速に変化しており、たとえば、一つひとつの病院が果たすべき機能の見直しや、患者さんが住む地域で最良の医療を受けられるための医療連携が加速しています。このような状況において、MRの情報提供のあり方も変わっていかなければなりません。そこで、アステラスの営業本部は、製品価値をより早く、そして、確実に届けるために、組織体制、MRの担当体制、研修内容などを進化させています。
これらの取り組みの一つとして、MRが今後どうあるべきか、何をするべきかを明確にした「アステラスMRの価値観・行動指針」を策定し、実際の活動に落とし込むプロジェクトがあります。これらを通じて、常に自身のMR活動を見つめ直し、多くの変化を取り入れながら、自社製品を通じて患者さんに貢献する活動を進化させています。

このプロジェクトで大切にしているのは、次の3つのポイントです。
● 将来、私たちが医療・社会から必要とされる存在であるための、あるべき姿を徹底的に突き詰めること
● 価値観・行動指針は、より患者さん・医療従事者に近いMRの意見をベースに策定すること
● 選抜した数名ではなく、全員で意見を出し合い、実践していくこと

具体的には2014年度の1年をかけて、「価値観・行動指針」をテーマに各職場で時間をつくって何度も議論し、意見を集約しました。さらに、各職場の代表者を集めた合宿を行い、全員の声を反映させたものを策定していきました。
これらを通じて、全員が、「今まで以上に、常に患者さんを基点とした判断基準が大切であること」を再認識することができました。そして、それが反映されたスローガン、価値観・行動指針を具体化し、「ひとつ上のMR」へ向けた活動につなげています。
2015年度からは、患者さんのいる医療圏ごと、それぞれの地域特性に合わせた具体的な取り組みを考え、実践しています。今後も、患者さんの薬物治療に貢献することで、医療・社会に最大の価値を届けられるよう、取り組みを継続・進化させていきます。
私たちアステラスは、「自らの情報提供が、患者さんの治療のお役に立てた」という喜びを共有し、「患者さんの明日を変える」ために協働できる仲間が加わることを心から楽しみにしています。