アステラス製薬

アステラス製薬
採用サイト

募集職種

MR職の仕事

くすりを育てるMR

一つの新薬を開発するには、9年から17年の年月と、多額の研究開発費が必要です。 また、多くの候補化合物から新薬として世に出てくる確率は、約30,000分の1と極めて低くなっています。このように新薬は長い年月・費用をかけて市場に出るのです。
医薬品は効果が高い反面、人間の体にとっては異物となるので、正しい使い方をしないと十分な効果が発揮されません。 そこで医薬品に関する情報の担い手になるのがMRです。MRは企業を代表して、医薬品の適正な使用や普及が行われるよう、 医師や薬剤師など医療関係者に医薬品の品質・有効性・安全性などに関する情報を提供、収集、伝達します。 これらの情報活動を通じて、患者さんの立場に立った「薬物治療のパートナー」として医療関係者とともに医療の一翼を担います。

情報の「提供」とは?

MRは医療関係者に対し、自社医薬品の適正な使用および普及のため、品質・有効性・安全性に関して良い面ばかりでなく、 リスクを含めた情報について「提供」をします。これらの活動で医薬品の適正な使用方法を理解・納得した医師が処方し、 医薬品が普及していくことは患者さんの治療に寄与することにもつながります。

情報の「収集」とは?

MRは医薬品の発売後に実際に患者さんに処方されてから報告される安全性・有効性・品質に関する情報や副作用情報などを収集します。

情報の「伝達」とは?

MRは発売後に収集された医薬品の有効性や安全性情報について企業が分析・評価した結果を医療関係者に迅速かつ正確に伝えます。
MRの活動により、医薬品が多くの患者さんに正しく処方されることは、その医薬品の価値を高め、 ライフサイクルを延ばすことにもなりえます。医薬品が販売された後に、医療現場からの情報の収集や伝達を通じて、 より有用なくすりへと育てあげることができるか否かは製薬会社の営業職である「MR」の力量にかかっているといってもいいでしょう。

MRと他の営業職の違い

MRは医薬品の価格交渉をしない

医療機関や薬局と価格交渉を行うのは、卸売業者のMS(Marketing Specialist=医薬品卸売業の営業担当者)が担当することになっています。 そうすることによってMRは本来の情報提供・収集・伝達活動に専念することができるような仕組みになっています。 つまりMRは医薬品の納品・代金回収を行いません。

MR認定制度がある

MRとして基礎知識を習得している証です。1997年より導入され、MR認定センターが実施する試験に合格すると取得することができます。
【試験科目】
(1) 医薬品情報
(2) 疾病と治療
(3) MR総論
※医師、歯科医師、薬剤師は、「医薬品情報」・「疾病と治療」が免除されます。
※認定試験については入社後の「導入研修」を受講することで、合格できるようなカリキュラムを組んでいます。 よって様々な学部を卒業された方がMRとして全国で活躍しています。

専門知識を有するMRと
他部門連携の強化によって新薬開発の力に

医療を取り巻く環境が急速に変化する中、患者さんに提供できる価値をより高めていくために、アステラスでは医療機能の分化に応じ、医師の診療内容を踏まえた情報提供活動を行うためのMR体制を敷いています。各々がその専門性を満たすための知識、スキル習得が必要になるため、集合もしくはオンライン研修に加えて、PCおよびスマートフォンで学習するシステムを導入し、専門性に合わせた研修サポート体制を充実させています。また、入社後1年間の導入研修プログラムを通じて、1人前のMRにしっかり育成する体制を整えています。
MRの業務は医薬品情報の提供・収集・伝達をするばかりではありません。幅広い医師や医療関係者のニーズに対応できる情報提供活動を実現し、医師や医療関係者からの信頼を獲得するために、他部門との連携も重要な役割となります。医療の最前線で医師や医療関係者から得られた情報を共有することで、 他部門との密接な関係を築き上げているのがアステラスの強みでもあります。近年、アンメットメディカルニーズの把握やエビデンス創出等を担うために多くの製薬企業で設立されているメディカルアフェアーズ本部との連携も重要視しています。