アステラス製薬

アステラス製薬
採用サイト

募集職種

臨床開発職・信頼性保証職・
MSL職の役割

臨床開発

臨床開発では、創薬研究で創出された候補医薬品について、患者さんで有効性や安全性を評価するための臨床開発計画を立案します。また、新薬として承認・販売するため、GCP(※1)など定められた基準に則った臨床試験を遂行し、投与方法・用法用量、使用上の注意等について調査・検討していきます。
臨床開発の使命は、各候補医薬品に相応しい効率的かつ確実な臨床評価・臨床計画を立案し、臨床試験を医療関係者等と共に確実に実施し、その後臨床試験のデータを取りまとめて評価し、 製造販売のための許可申請を行うことです。
※1 GCP:Good Clinical Practice/医薬品の臨床試験の実施に関する基準

信頼性保証

有効性、安全性が保証された高品質な医薬品を患者さんにお届けする為に、アステラスグループにおける信頼性を維持向上することが使命です。その為に各国の薬事規制に遵守する体制をグローバルに構築し、新製品の開発段階から商用生産に至るまで一貫した信頼性保証体制を築いております。

メディカルサイエンスリエゾン

メディカルサイエンスリエゾン(MSL)は、担当する疾患領域における最新の医科学知識に基づき、社外の研究者および医学専門家と医学的・科学的な情報交換を行い、得られた情報を基に医療の質の向上と患者利益の最大化に寄与する活動をしています。製品の販売活動を担当する部門とは一線を画しており、アステラスではメディカルアフェアーズ(MA)本部のMSL部に所属し、メディカル戦略上で重要な以下の11領域を担当しています。
循環器、糖尿病、腎、泌尿器(排尿障害)、骨代謝、リウマチ・自己免疫、感染症、消化器、血液がん、泌尿器がん、胃がん