アステラス製薬

アステラス製薬
採用サイト

仲間と切磋琢磨しながら
ゴールを目指す

営業本部 埼玉支店 川越南営業所 第1チーム

髙橋 純

患者さんの未来を考え、
行動へつなげる

私がくすりに興味を持つようになったきっかけは、幼い頃に悩まされていたアレルギー性鼻炎の症状が「くすりを飲むと治まる」という経験をしたことです。その後、大学院でくすりに関する研究に携わり、人の命にかかわる仕事、自分のためでなく、誰かのためになる仕事をしたいという気持ちがより強くなり、この業界を志望しました。
就職活動のときの先輩社員の方々による会社説明会は今でもよく覚えています。組織というのは一人をみても全体をとらえにくいのですが、この会社説明会では、それぞれ働く環境や立場が違う社員の話を伺うことができ、アステラスという組織をリアルに感じることができました。先輩社員の方々がどんな想いをもって今働いているのか、どこを目指しているのかという本音を伺う中で、私が最も印象に残ったことは、今取り組んでいる活動や、環境は異なれど、目指している未来は同じであるということです。一人ひとりの個性や多様性を互いに認めつつも、共通の未来を持つ組織。規模はまったく違いますが、それは私が学生時代に生徒会長をしていた時にぶつかった課題のひとつでもあり、チームとして活動するために最も大切な要素のひとつであると感じていたことでした。
新薬を出し続けることは難しいといわれる中、新薬開発にこだわり続けているのがアステラスの強みです。そして実際に多くの新薬を生み出し続けています。現在では、社外にも目を向けオープンイノベーションにも積極的に取り組み、「患者さんのために何ができるか」を第一に考えて行動するスタンスに感銘を受けて、最終的に入社を決めました。

配属当初、私はアステラスのくすりを世の中の患者さんに届けたいという一心で、MR活動を遂行していましたが、先生になかなか提案を受け入れてもらえないことがありました。その時の私は、くすりの効能や安全性などを提案できても、先生や患者さんの未来に対する提案はできていなかったのだと思います。
ある時、先生から言われた「患者さんのことをもっと理解してくすりを提案してほしい」という言葉がそこに気づいたきっかけでした。「先生が患者さんに対してどのような治療方針をもたれているのか」、「患者さんの未来をどう考えているのか」ということに対して深く向き合うこと、それが私のMR活動を大きく変えることになりました。この経験から、くすりの製品知識だけでなく、疾患の情報について知識を深めたり、患者さんの声に耳を傾けるようになりました。今では、先生、そしてその先の患者さん、ご家族のことを考え、先生と対話を積み重ねていくことが何よりも大切な姿勢だと確信しています。
患者さんを取り巻く環境に同じ環境というのは一つとしてない中で、私たちアステラスMRはその多様な環境と向き合っていかなければなりません。そこに答えはありませんが、常に、患者さんの発展的な未来を一番に考え、自分ができることは何かと考え続け、行動へとつなげていくこと。その患者志向のアステラスの仕事は、より多くの患者さんの笑顔につながっていくと私は信じています。

枠にとらわれない
MR像を描きたい

私は学生時代、生徒会長を経験しました。そこで学んだのが人を動かすことの難しさや自分個人の力の小ささです。何かを成し遂げるためには周囲の共感や協力が必要不可欠で、そのためには対話を積み重ねて信頼を築くしかありません。他者と切磋琢磨して高め合うことが人間形成につながっていく。
現在の目標の一つは、ある疾患を持った患者さんに病気に対する理解を深めてもらいつつ、その治療へ一歩踏み出していただくきっかけをつくっていくことです。その活動は、アステラスという枠組みを超え、地域の自治体と連携しながら推進し、より多くの患者さんの健康に貢献することを目指しています。健康診断などにより症状を早期発見しても、日々の生活に直接的支障がないため病院に行かない方がいらっしゃいます。そのような方々に自治体による地域の病院案内など、疾患に対する啓発活動がなかなか行き渡らない場合があります。そこで私は自治体の広報・PR機能の支援をする企画を立案し、まさにその試みをはじめているところです。自治体、そして先生方やその他多くの人を巻き込み、日々活動に弾みをつけています。社内においては、自身がリードし、営業所内外のアステラスMRを巻き込みこの活動をさらに活性化したいと考えています。その結果、より多くの患者さんの意識を高め、健康へつなげていければと願っています。
常に何か新しいことに挑戦して、これまでのMRという概念をポジティブな意味で壊していきたい。そういった想いを持つ仲間とともに刺激し合うことで、新時代のMR像を描きたい。アステラスはまさにそんな「明日を照らす」会社であり、アステラスMRは未来のくすりを患者さんのもとに届けるという使命に誇りを持って日々精進しています。

成長がつくる、強いつながり

アステラスには、自ら成長したいと想う社員を支援する教育制度が整っています。出身学部や職種を問わず多様な人材に開かれた導入研修は、同期のつながりを成長というキーワードでより強いものとしていきます。切磋琢磨し、互いに成長した同期は配属後もいつもそばにいるような大切な存在です。
アステラスでは、個々の主体性を重んじる文化があるので、個別具体的な指示・命令をもとに動くのではなく、どんな目標を掲げ、どう動くかという自ら課題設定することが求められます。その課題に対する取り組みにおいて営業所の先輩方が本気で向き合い、一緒に前へと進めてくれます。患者さんの健康に貢献するという目指す姿が同じ組織であるからこそ、たとえそこに向かう道筋が違っていても、物事を発展的にとらえることができます。
アステラスで学んだことは、課題とは与えられるものではなく、自ら見出すものであるということ。自らの意思が伴う課題に挑戦することこそが、成長への何よりの近道であり、周囲を動かす原動力であると私は考えています。