アステラス製薬

アステラス製薬
採用サイト

主体性を持って挑戦し続ける

開発本部 日本・アジア臨床開発第2部 第2グループ

溝河 祥

的を明確にして
社会貢献を考える

高校時代に将来を考えた際に、社会貢献ができる仕事がしたいと薬学部に進学しました。その後の就職活動では、多様な業界を知るため医薬品の原料や加工物を扱い支える総合商社や、命の源である食に携わる食品メーカーなどさまざまな企業に触れました。その活動を通して抱いたのは“自らの手で役に立つものを創り出したい”という強い気持ちと、人の根幹となる生命そのものに関わり、多くの方々の健康に貢献するくすりを通してなら“やりがいを感じながら仕事ができる”という確信でした。
アステラスを選んだ理由の一つは、新薬を創り出すための環境がグローバル規模で整っていること。医薬品開発は膨大なコストと時間が必要です。一つでも多くのくすりを世に出すためには、規模や社風を含めた基盤のしっかりした環境が非常に重要で、それがきちんと世界レベルで実現されているのがアステラスでした。
2011年の入社以来、開発本部に所属して、全国各地の医療現場で行われている新薬の治験のモニター職に携わっています。治験が適切に行われ、患者さんの安全に問題がないか、データが正しく収集されているかをモニタリングする仕事です。新薬という最先端の科学に触れる業務であると同時に、取り扱うデータが患者さんの命に直結するものなので、その責任は重大です。

開発職は患者さんや疾患について幅広い知識を持ち、新薬を創出するための計画立案・実行を担いますが、一人ですべてを行うわけではありません。患者さんの安全性を第一に考え、多岐にわたる情報や状況をチーム全員でさまざまな角度から検証・分析し、ドクターをはじめ医療現場の方々と一緒に手を取り合って新薬を開発します。患者さんに直接会うわけではありませんが、ドクターとのコミュニケーションを通じて治験薬の効果を目の当たりにする度に、新薬開発の最前線で仕事をしている喜びを実感することができます。
新薬開発の成功確率を考えると、新薬を世に生み出すというのは非常に困難なことです。「早くこのくすりを開発してほしい」という患者さんやそのご家族、ドクターたちの思いを実現し、自分たちの開発したくすりで患者さんの健康に貢献するため、私たちは仕事をしています。また、その大きな目標を達成するため、日々の業務に対して、何のためにその業務を行うのか、なぜそうするのかといった目的や根拠を明確にして取り組み、これからも主体性を持って社会の役に立つ仕事を続けていきたいと思っています。

グローバルでの活躍を
視野に入れる

薬学部に在籍していた大学時代は世界の国々に興味があり、実際に足を運んでさまざまな文化に触れる経験をしました。アステラスはグローバルに展開する企業なだけあり、これまでに訪れた国々で感じたような多様性が社内に根付いているように感じます。
しかもその多様性を持った一人ひとりが、それぞれ主体性を持って活躍しています。見習うべき先輩、尊敬できる同僚や後輩たち……。その“主体性を有する多様性”もアステラスの強みなのだと、入社して6年近くが経過し改めて実感しています。
開発職の業務は多岐にわたり、多くの人々が協力することで初めて一つのくすりを生み出すことができます。そしてその一つのくすりが、世界中の人々の健康に貢献します。貢献度が大きい分、重大な責任の伴うとてもやりがいのある仕事です。
これまで私は、アステラスの各種教育プログラムのもとで、仕事に関する基礎を固めてきました。海外勤務の可能性もある職種なので、これからはグローバルに活動することも視野に入れていきたいと思っています。そして、自分が中心となり、主体性を持つメンバーをまとめながらプロジェクトを推進し、一つでも多くのくすりを世界に生み出していきたいです。

積極性や主体性を
さらに伸ばせる環境

くすりの開発を専門に学ぶ学生は多くありません。自分自身もそうですが、入社後に現場での仕事を通じてさまざまなことを学ばせていただきました。また、入社5年目までの教育プログラムでは、技術本部、研究本部など他部署の同僚とともに、通常の業務とは別にビジネスパーソンとしての幅広い知識・スキルを学ぶことができました。
また日々の仕事においても後輩を育てる風土があり、知識や経験を広げることができました。開発職は、多様な経験ができ見識を広げることができる職種です。主体性を持って積極的に動くほどに、自分を高め結果にもつなげていくことができます。アステラスには積極性を持つ人がのびのびと活躍できる土壌があり、常にやりがいを感じながらチャレンジし続けることができる会社です。