アステラス製薬

アステラス製薬
採用サイト

アステラスの意思

世界での活躍に向けて

アステラスは「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」という経営理念(存在意義)を掲げ、グローバル市場でのプレゼンス拡大に向け、挑戦し続けています。
私たちは、単に売上規模の拡大を目指すのではなく、患者さんをはじめとした「健康を願う人々への付加価値最大化」を目指していくことを通じ、企業価値の持続的向上を図っていきます。

アステラスの経営理念(存在意義):

「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」
生命科学の未知なる可能性を、誰よりも深く極めたい。
新しい挑戦を続け、最先端の医薬品を生み出したい。
高い品質を確かな情報と共に届け、揺るぎない信頼を築きたい。
世界の人々の健やかな生活に応えていくために。
世界で輝き続ける私たちであるために。

アステラス製薬 ロゴ

アステラスの誕生と社名の由来

アステラスは、日本のみならず世界の医薬品市場で充分な競争力を有する新しい会社を創生するという考え方のもと、山之内製薬と藤沢薬品工業が合併して2005年4月に誕生した医療用医薬品を中核事業とするグローバル製薬企業です。
「アステラス」という名称は、「星」を意味する、ラテン語の「stella」、ギリシャ語の「aster」、英語の「stellar」によって「大志の星 aspired stars」「先進の星 advanced stars」を表現したものです。また、日本語の「明日を照らす」にもつながります。最先端の医薬品で、健康を願う人すべてに、明日への希望をもたらし、研究開発型グローバル製薬企業として発展していくという思いが込められた名称です。