アステラス製薬

アステラス製薬
採用サイト

研究

病気の原因に挑み創薬につなぐ

創薬の出発点となる“研究”。病気のメカニズムを解明して疾患の原因となる標的分子を明らかにし、くすりの候補物質の探索を精力的に進めています。見つけ出した候補物質は、効力、吸収、分布、代謝、排泄、毒性などのさまざまな観点から評価し、医薬品として最適なレベルまで磨き上げていきます。

Management Message

RESEARCH

Message

失敗を恐れずに、
チャレンジし続ける。
廣田 里香 研究本部 研究統制部長 獣医師 医学博士
※ 掲載当時所属

「最先端の科学を積極的に取り入れて、進化し続けること。そして、創薬へと結果をつなぐこと」。それが私たちの使命です。前例にこだわらず、信頼の重みを実感しながら、革新的な医療ソリューションの創出を目指してあらゆる可能性を追求しています。アステラスの研究本部に所属する一人ひとりは、薬学、生物学、合成化学、物質科学、情報科学、そして私自身も獣医学と、バラエティ豊かな専門家ばかり。いつも多様な観点から刺激的なディスカッションが交わされる、とてもクリエイティブな研究環境が自慢です。患者さんの明日をもっと笑顔に変えるため、失敗はイノベーション創出の礎になると信じてこれからもチャレンジし続けます。

Staff Interview

Close

開発

有効性と安全性を両立させたくすりづくり

研究で見出された化合物は、臨床試験を通じてヒトにおける有効性や安全性を探索、評価、確認されます。“開発”ではこの臨床試験を適切・効率的に計画・実施・評価・考察し、規制当局に承認申請を行います。必要とされるくすりを一日でも早く患者さんに届けられる開発体制を確立しています。

Management Message

Development

Message

必要とされる医療のために、
着実に前進する。
Anne Keating, BS, Pharm.D Vice President, Global Clinical Science, Development Operations

患者さんを基点とした医療を実現すること。そのゴールを達成するために、私たちにはグローバルに協働できるメンバーがいます。そのため、物理的な距離も文化的な違いも受け入れ、ともに働かなければなりません。個々人の多種多様な考えや環境の違いで衝突するのでなく、その違いに価値を見出し、その違いを大切にする会社がアステラスです。アステラスの臨床試験の現場では、透明性のある組織が求められます。常に情報を共有し、アップデートしていくことで効率性のみならず、革新性のある組織となっていきます。私たちは、患者さんが必要としているくすりが早く患者さんの手元に届くために、日々建設的な議論を交わし、発展し続けます。

Staff Interview

Close

製薬技術

いつも、いつまでも安心なくすりを届ける

良いくすりでも、患者さんの元に安定して届かなくては意味がありません。くすりの製法・処方の設計から製造プロセスの構築、原料調達、製造、生産設備や製品の管理を行うのが“製薬技術”の役割。高品質な新薬生産ノウハウを駆使して、品質基準を満たしたくすりの安定供給を実現します。

Management Message

Manufacturing
&Technology

Message

強固な連携で、
価値をつくり、届け続けていく。
嶋 秀樹 製薬技術本部 本部長

世界中の患者さんにとって価値あるくすりを開発し、タイムリーにくすりを届け続けていくこと。私たちはどんな状況であっても患者さん起点で物事を考え、患者さんにとっての価値を創り続けるために働いています。製薬技術本部の仕事は、創薬・開発段階における技術開発研究と治験薬生産から商用品の生産・物流まで、アステラスのビジネスのすべてに関わっています。私たちを取り巻く環境は日々変化している状況ですが、常に最先端を走り続けられるようにチームで協働し続けています。国、組織の壁を越え、連携をより強固にして世界の人々の健康に貢献していきます。

Staff Interview

Close

MR

情報の力で患者さんの明日をより豊かに

くすりの価値を正確に伝え、医療現場で適正に使用していただく。そして、医療現場にあるニーズや課題をいち早くキャッチしてソリューションにつなぐ。“MR”に求められるのは、医薬品情報を提供・収集すること。情報の力で医療と創薬の最先端をつなぎ、患者さんの治療に貢献します。

Management Message

MR

Message

患者さんに新薬の価値を届ける 筒井 泰博 営業本部 本部長

今日も最先端の新薬を待っている患者さんがいます。
アステラスのMRは、仲間たちがつくり出した新薬を、待っている患者さんへ、より早く届けるアンカーとしての役割を担っています。
くすりは正しく使われてこそ、その真価を発揮します。そのためにMR一人ひとりが医療の現場に足を運び、くすりの価値を正しく伝え、正しく届けていきます。
すべての活動は患者さんとその家族の希望と笑顔ある未来のために、これからも医療の現場と真っすぐに向き合い、必要としている1人でも多くの患者さんに新薬の価値を届けるという挑戦を続けていきます。

Staff Interview

Close

MA

信頼のあるくすりに育てる

“メディカルアフェアーズ”は、アステラスが市販している製品の調査・試験の実施を通じて、安全性や有効性を確かにする情報を創出し、提供します。グローバルに連携して、製品の医学的な価値を拡大すると同時に、製品に対する揺るぎない信頼を築くことに貢献します。

Management Message

MA

Message

ステークホルダーに
さらなる価値を創造する。
Charlotte M.E. Kremer, MD EVP and Head of Medical Affairs

アステラスでは、聡明で正しい価値観を持つ人たちが、一所懸命に働いています。メディカルアフェアーズでは、実臨床における調査・試験を実施・伝達し、その治療法のメリットを明確にし続けています。それは、完全でバランスのとれた情報を通じて、ステークホルダーのために、さらなる価値を創造していくことにつながります。
 特に大切にしていることは、Astellas Wayの一つ「誠実」です。私たちは完全、透明、公正な方法で、継続して情報を生成・提供する必要があり、誠実さは極めて重要な価値観です。このことが、患者さんに提供する治療法についての医学的かつ科学的な理解を促し、私たちがその理解を明確にし続けることを可能にします。

Staff Interview

Close